JTCから広がる仕事の可能性

JTCで勉強してカウンセラーの資格を取得した後、卒業生はどのようなところに就職しているか解説します。大枠で分けますと、教育分野、社会福祉分野、産業分野、医療分野、その他公務員の専門職の仕事もあります。教育分野では、学校、教育委員会、児童養護施設などがあります。社会福祉分野では老人ホーム、障害者施設、介護福祉施設、などがあります。産業分野では一般企業やハローワーク、就職、転職といった就職を支援する施設があります。医療分野では心療内科や精神科があります。最後の公務員の専門職のカウンセラーの仕事は、職場としては行政、福祉、司法施設などで働く事になりますが、これらは求人が少なく、さらに人気職種なのでなるのはとても難しいです。いずれの就職先にしても、カウンセリングの知識によって心に悩みを抱えている人の助けになりたいという気持ちを持っていることが大切です。

JTCのヘッドオフィス(大阪)について

JTCというのは、心理カウンセリングに関する資格取得を目的に設立された学校等です。運営しているのは大阪に本社が在る営利法人であり、企業形態は株式会社となっています。また、全国の主要都市等に支店ないし学校が散在しています。事業内容は、カウンセラーの育成や心理カウンセリングとなっています。この学校を卒業した場合、心理カウンセリング等に関する資格等を受講ないし受験することが可能となります。また、心理職ですが、大学で心理学部等を専攻して卒業した場合は受験することが可能となっています。心理カウンセリング等の検定ですが、最初は下級から挑戦して上級を目指すことになります。最下級からの受験が必須となっています。会社ないし本校の所在地は、大阪市内となっています。具体的には、大阪市西区となっており、四つ橋線の駅近くに所在しています。周辺はオフィス街となっており、学校帰りに立ち寄る飲食店等については施設周辺よりかは駅の近くに点在しています。社会人の人にとっては仕事帰りの受講についてはけっこう便利な場所に在り、しかも駅近くということで推薦することができます。受講費用等については、全国一律となっています。概ね五十万円位となっており、分納やクレジット払いが可能となっています。

JTCの各種講座について

JTCとは、心理カウンセリング事業及びカウンセラー養成する事業を運営している株式会社のことをいいます。この会社は、本社が大阪府大阪市西区の、四ツ橋筋線駅の近くに在ります。会社のウェブデザインですが、暖色系をアクセントカラーとしており、無彩色である白が基調となっています。暖色系というと、温かみが感じられます。心理カウンセラーというのは、相談者に対して温かみを持って接することが求められます。相談者のニーズに合っている色彩設定となっており、好感が持てます。この学校等が運営している受講コースですが、価格設定は高額もしくは比較的高額となっているそうです。短期のコースの場合は四十万円以上と高めに設定されており、短期集中ということで人気が高くて需要が集中するため高額に設定されているそうです。中期以上のコースに関しては短期よりかは比較的安く設定されています。また、就学期間は通常だと十か月以下となっています。短期の場合は、五か月間となっています。中期以上のコースの場合、濃密な講義を受けることができて資格取得のための勉強を出来るそうであり、どのコースを受講されるかは申込者のスタンスによって異なるそうです。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*